【法律解体新書】第37回 商業秘密保護に関するコンプライアンス要求(三)

■商業秘密における権利侵害行為の主体 商業秘密の権利侵害主体は一般主体であり、あらゆる不当手段で商業秘密を獲得又は使用し、権利者に著しく不利な結果をもたらした場合、商業秘密侵害を理由として賠償責任を追及することができます。「不正競争防止法」第9条によると、商業秘…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(16:36)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

訪日香港人の18年旅行支出、微増の15.4万円(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

マカオの旅行物価指数、18年は1.88%上昇(01/17)

ジェトロが食品輸出商談会、中華で活用提案(01/17)

熊本県八代市、地元食材売り込みと観光PR(01/17)

広州市、大湾区商業銀の設立を推進(01/17)

グラブ、中国のネット保険会社と合弁設立(01/17)

市場の不確実性にしっかり備えを、商務局長(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン