【法律解体新書】第37回 商業秘密保護に関するコンプライアンス要求(三)

■商業秘密における権利侵害行為の主体 商業秘密の権利侵害主体は一般主体であり、あらゆる不当手段で商業秘密を獲得又は使用し、権利者に著しく不利な結果をもたらした場合、商業秘密侵害を理由として賠償責任を追及することができます。「不正競争防止法」第9条によると、商業秘…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

10月のコンテナ取扱量、9カ月連続マイナス(12:17)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

豪カンタスの超長距離直行便、香港の脅威に(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

マカオ政府が施政報告、現金支給を増額(11/16)

微信支付HKの決済急増、今年10倍に(11/16)

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(11/16)

反発、好決算の騰訊が押し上げ=香港株式(11/16)

上海企業、香港で仮想通貨クオンツファンド(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン