• 印刷する

綿布職人の賃金、政府が36%引き上げを承認

インドの綿布(カディ)産業の振興を図る綿布・農村産業委員会(KVIC)は4日、職人に支払う賃金の36%の引き上げ案が政府に承認されたと発表した。PTI通信が伝えた。

綿布の生産はインドの伝統産業で、現在も職人が作り手を担っている。1巻き当たりの賃金は従来の5.5ルピー(約8.6円)から7.5ルピーに上昇する。職人には市場開発支援制度に基づく政府の補助金も支払われ、KVICの試算によると、1日に20巻きを作った場合の日当は202ルピーとなる。

KVICは、雇用創出と市場向け製品の生産、貧困層と農村部住民の自助自立の3点を組織の目標に掲げている。サクセナ委員長は、賃金引き上げの結果、職人を目指す若者が増えることに期待感を示している。


関連国・地域: インド
関連業種: 繊維雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

モディケア始動、対象者は5億人以上(09/24)

ウシャマーティン、鉄鋼事業をタタに売却(09/24)

アルミ業界、輸入制限の発動を要請(09/24)

二輪車TVS、メキシコで販売店40店開業へ(09/24)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(09/24)

伊べネリ、工場増設に向け専門部署を設置(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン