首都港の小口貨物倉庫、利用進まず

インドネシアの国営港湾運営会社プラブハン・インドネシア(ペリンド)2が、昨年11月から供用を開始した首都ジャカルタ・タンジュンプリオク港のLCL貨物(コンテナ1本に満たない小口貨物)「CFS(コンテナ・フレート・ステーション)センター」の利用が進んでいない。交通…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(18:10)

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(03/22)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン