首都港の小口貨物倉庫、利用進まず

インドネシアの国営港湾運営会社プラブハン・インドネシア(ペリンド)2が、昨年11月から供用を開始した首都ジャカルタ・タンジュンプリオク港のLCL貨物(コンテナ1本に満たない小口貨物)「CFS(コンテナ・フレート・ステーション)センター」の利用が進んでいない。交通…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外でけがや病気になっ…(09/19)

ニチバン、漫画で製品を紹介 小学校に800冊寄贈、海外初刊行(09/19)

商工会議所が日本委員会、ECサイト運営(09/19)

スズキ二輪、8月の販売台数は8355台(09/19)

東京特殊電線の新工場稼働、インドネを補完(09/19)

首都の交通取り締まりに監視カメラ導入(09/19)

アスコットがホテル事業、隣国企業に出資(09/19)

DHL、東ジャカルタに新サービスセンター(09/19)

ゴジェック、地場広告サービスを傘下に(09/19)

EUとの経済協定交渉、長期化の見通し(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン