首都港の小口貨物倉庫、利用進まず

インドネシアの国営港湾運営会社プラブハン・インドネシア(ペリンド)2が、昨年11月から供用を開始した首都ジャカルタ・タンジュンプリオク港のLCL貨物(コンテナ1本に満たない小口貨物)「CFS(コンテナ・フレート・ステーション)センター」の利用が進んでいない。交通…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

プンディエックス、国際事業本部を開設(11/20)

中部発電、インドネシアの水力発電所新設(11/20)

アスコット、隣国不動産大手チプトラと提携(11/20)

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン