• 印刷する

スズキが中国合弁撤退、長安鈴木の持分譲渡

スズキは4日、自動車メーカーの重慶長安汽車との間で、両社の合弁乗用車メーカーである重慶長安鈴木汽車のスズキ保有の全持ち分(50%分)を長安汽車に譲渡することで合意したと発表した。スズキはこれで中国の合弁事業から完全に撤退することになる。

今後、譲渡のための法的手続きを進める。譲渡後、長安鈴木は長安汽車の完全子会社として経営を継続するが、スズキは長安鈴木に対し、スズキモデルの生産・販売のライセンス供与を継続する。

スズキの鈴木修会長は「約25年前にアルトを投入し、中国市場の開拓に努力してきたが、中国市場が大型車の市場に変化してきたこともあり、全持ち分を長安汽車に譲渡することとした」とコメントした。

スズキは今年6月にもう1つの合弁会社、江西昌河鈴木の合弁も解消しており、中国の合弁事業から完全に撤退することになる。


関連国・地域: 中国-重慶日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

HKTと騰訊、金融向けクラウドで提携(18:52)

iPhoneの販売差し止め、福州地裁が仮処分(18:03)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

テイクオフ:珠江沿いを走る広州マラ…(12/11)

自動車輸入、1~9月4%減 関税政策が影響、来年も低迷か(12/11)

中国産の豚肉輸入を一時停止、伝染病予防で(12/11)

中国の福田汽車、ベトナムに現法設立へ(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

増値税の減税効果、半年で3千億元(12/11)

豪北部準州、中国との契約数突出(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン