ミャンマー沖の無人船舶、所属が判明

ミャンマー最大都市ヤンゴンの沖合で発見された無人の船舶は、同国海軍などの調査で、解体のためバングラデシュへえい航される途中、ケーブルが切れて漂流した老朽船であることが分かった。タイ紙バンコクポストなどがこのほど伝えた。 この船は「サム・ラトゥランギPB 1600」と…

関連国・地域: ミャンマーインドネシアバングラデシュ
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

保険市場開放へ動き加速 3月末に全額出資の生保会社決定(01/22)

ヤンゴン管区の消費電力、19年は1割増へ(01/22)

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで(01/22)

モン州、昨年の水道料金半分は徴収できず(01/22)

べテル常用者の口腔ケア商品展開で資金調達(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

マグウェー管区、カラオケ店の規制を策定へ(01/22)

ヤンゴン市議選、3月31日に実施を発表(01/22)

国軍、アラカン軍への反撃で兵士13人殺害(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン