• 印刷する

テイクオフ:アジア大会で一番印象に…

アジア大会で一番印象に残ったのは、選手団に取り囲まれたことか。スカルノ・ハッタ国際空港で早朝便の飛行機に乗るためカウンターで並んでいると、先頭にアジア大会に出場し、帰国するカザフスタンとキルギス共和国の選手団がいた。どうやら同じ飛行機に乗るらしい。

体育会系、しかもナショナルチームなのに動きが緩慢なのは早朝4時だったからなのか、お国柄か。一緒になった選手団だけかもしれないが、彼らは全員高校生かと思えるほど若い。こうした若い世代が国を背負って競技していたかと思うと、競技から解放されたあとのダラダラした動きも許せる。

飛行機に乗り込むと、先ほどの選手たちもわらわらと乗り込み、周りの席に座った。機内で仲間としゃべりながら騒ぐ姿はどこにでもいる若者だ。ただ早朝は勘弁してくれ。おかげで機内では一睡もできなかった。(角)


関連国・地域: インドネシア中央アジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの高架鉄道(B…(03/27)

【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り(03/27)

ホンダ、5年ぶり完成車輸出 2021年に四輪の輸出額を倍増へ(03/27)

MRT運賃、10キロ1万ルピアで決定(03/27)

情報通信レカム、同業FTの海外現法を買収(03/27)

情報通信レカム、同業FTの比法人など買収(03/27)

クラウドクレジット、水力発電の貸付開始(03/27)

ガルーダ、ボーイング社の説明会に不参加(03/27)

エアアジア、今年の目標乗客数は15%増(03/27)

国内初の風力発電所、設備容量を増強へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン