• 印刷する

シュエダゴンパゴダ、警備システム強化へ

ミャンマー政府は、最大都市ヤンゴンのシンボルであるシュエダゴン・パゴダ(仏塔)の警備システムを強化する。2日、治安対策に関する会議が開催され、関係機関が合意した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が3日伝えた。

会議には、トゥラ・アウン・コー宗教・文化相、ヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相、同管区のアウン・ソー・モー治安・国境問題相のほか、チョー・リン副建設相や管区議員、関係省庁の局長、パゴダ評議会の委員らが参加した。

席上、警備サービスの地場「FISCAエンタープライゼス」と中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が最新の警備技術について説明した。

シュエダゴン・パゴダ評議会のニョ・ウィン会長代理と委員の一人は、警備システムの強化は、管区内の他の警備対策の強化にもつながるとして重要性を強調した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信サービス観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資、製造業で増加傾向 8月の認可、韓国が最多件数(09/25)

宝飾品など5分野、20年から輸出重点品目に(09/25)

金の国内価格、米ドル高で記録的な上昇(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

27日から自動車部品などの展示会、ヤンゴン(09/25)

バガン、世界遺産登録に伴う現地調査実施(09/25)

ビザ、非接触型カード決済が全体の20%に(09/25)

マンダレーへの旅行者、中国人がトップに(09/25)

ブロードバンド拡大へ業界連携が必要=華為(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン