今後5年の不動産好調 投資拡大、中国が買い支えも

カンボジアの不動産市場は向こう5年間にわたり、順調に成長するとの見方が強まっている。近く不動産不況に陥るとの声が多かったが、政権の安定や外国投資の拡大により需給バランスを維持。供給物件の品質も向上する見通しだ。中国人投資家が買い支えているとの見方もある。 …

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リエル建て融資に注力 市中銀、19年末の1割規制で(11/14)

投資計画8件を認可、高級ホテル建設など(11/14)

外国人観光客、1~9月は12%増(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

豪エナジーラボ、再生エネ事業拡大を計画(11/14)

マニュライフ、シアヌークビルに支店開設(11/14)

干ばつで水田被害、1.9万ヘクタール規模(11/14)

米中貿易摩擦で恩恵大 工場移転も、EU制裁は懸念(11/13)

クリスエナジー、ケッペルに作業船改修発注(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン