• 印刷する

メディアフラッグ、首都に拠点開設へ

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開するメディアフラッグ(東京都渋谷区)は3日、インドネシアの首都ジャカルタで月内にサテライトオフィスを開設すると発表した。現地の提携企業との連携を強化し、日本人スタッフを常駐させて事業拡大に対応する。

サテライトオフィスは、現地提携先企業のオフィスの一角を借りる形でジャカルタ市内に設置する。日本人スタッフは1~2人を常駐させる。

メディアフラッグは、インドネシア全国で1万5,000店舗以上を展開する地場コンビニエンスストア最大手に対し、日系メーカーの商品導入のための支援や、品ぞろえの強化に向けたコンサルティング業務を行っている。ジャカルタに拠点を設けることで、現地小売企業を中心にしたコンサルティングサービスの提供を一層強化し、日本の流通小売り現場のノウハウをアジアに輸出して新たな市場拡大を図る。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの友人は思…(09/25)

QRコード決済の普及進む 仮想店舗、自販機サービス続々(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

三井物産の奨学生、日本留学向け壮行会(09/25)

日系企業関与のジャワ第1発電所、12月着工(09/25)

ルピアに換金企業、法人税率の引き下げ検討(09/25)

資源輸出の信用状利用義務化、貿易赤字縮小(09/25)

グラブが新サービス、人気店の出前に特化(09/25)

日野自動車、北ジャカルタに3Sディーラー(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン