騰訊の株価下落、ゲーム規制の政府方針受け

深セン市に本拠を構える香港上場のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)の株価が、中国政府の発表したオンラインゲーム規制の方針を受けて値下がりしている。3日の株価は前営業日から2.12%安の332.8HKドル(約4,700円)で引けた。 中国証券報が伝えた。 中国教育…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

増値税などの減税総額、上半期は1.17兆元(11:48)

中国人観光客が増加の一途 ビザ緩和で直行便就航相次ぐ(07/24)

中国軍による基地使用報道、首相が否定(07/24)

テイクオフ:道端でザリガニに出合っ…(07/24)

中国版ナスダックが始動、対米にらみ企業育成(07/24)

外資588社が他国に生産移管 昨年広東で、工情省は懸念打ち消し(07/24)

UMC、中国子会社の科創板上場取りやめ(07/24)

香港のGDP成長率、今年2%達成は困難か(07/24)

フォーチュン500、中国119社ランクイン(07/24)

基本インフレ率、豚肉高騰で上昇の恐れ(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン