• 印刷する

国内最大の建築見本市、12~14日に開催

カンボジア最大の建築・建設見本市「CAMBUILD’18」が、12~14日に首都プノンペンのダイヤモンド島で開催される。今年のテーマは「環境に配慮した建設と設計」。

マレーシアのAMBターサス・イベンツ・グループが主催し、28カ国・地域の350社が出展する見通し。今年は政府が掲げる「スマートシティー(環境配慮型都市)の構築」という目標に沿い、建築技術や資材、設計、代替エネルギー、給排水管理、空調、照明などの関連企業が参加する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

カンボジア帰国へ支持要請、野党指導者(11/13)

人権を大変懸念、EUが制裁検討結果を通知(11/13)

軟禁解除の野党要人、欧米大使と会談(11/12)

外資の縫製工場の新設続く、日系も(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン