• 印刷する

国内最大の建築見本市、12~14日に開催

カンボジア最大の建築・建設見本市「CAMBUILD’18」が、12~14日に首都プノンペンのダイヤモンド島で開催される。今年のテーマは「環境に配慮した建設と設計」。

マレーシアのAMBターサス・イベンツ・グループが主催し、28カ国・地域の350社が出展する見通し。今年は政府が掲げる「スマートシティー(環境配慮型都市)の構築」という目標に沿い、建築技術や資材、設計、代替エネルギー、給排水管理、空調、照明などの関連企業が参加する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】首相動く、苦渋の改革断行 ゆがむ成長(3)企業寄りに転換(06/21)

日本精密、カンボジア法人2社を合併(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

【カンボジア経済通信】ファーウェイの支援受け5G導入へ 第346回(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

実習生で虚偽申請疑い、団体役員ら書類送検(06/21)

【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン