• 印刷する

大企業の18年採用活動、5割以上が前年水準

韓国のシンクタンク、韓国経済研究院によると、2018年の採用活動で、大手企業の5割以上が、昨年と同水準の採用規模にとどまることが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)政権は雇用創出に向けて、企業に積極的に働きかけているが、成果は道半ばのようだ。

社員数が300人以上で売上高上位500社の新規採用(新卒・中途採用)計画を調査した。今年予定している採用規模の質問に対し、大企業の51.6%が「昨年と同水準」と回答。「昨年より多い」と回答した23.8%にとどまった。「昨年より減らす」と答えた企業も24.6%に上った。

「採用を増やす」と答えた企業の増員要因は、「改正勤労基準法施行による人員不足」(37.9%)、「景気状況の改善」(31.0%)、「成長に向けた人材確保」(24.1%)などの回答が多かった。

一方、「採用を減らす」とした企業は、「景気状況の悪化」(40.0%)、「社内状況の悪化」(33.3%)、「最低賃金上昇など人件費負担増」(16.7%)などを理由に挙げた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

9月末の家計負債1500兆ウォン、過去最大(16:01)

IT企業による決済サービスが多様化(16:01)

斗山重の業績悪化、文政権の脱原発が影響(18:35)

テイクオフ:韓国は、過去と現在が交…(11/22)

貿易摩擦激化で生産移管も 在中日系企業など、6割超が懸念(11/22)

ソフトバンクが追加投資 EC最大手クーパンに20億米ドル(11/22)

中国は内需向け、ASEANは外需向けに 池部亮・専修大准教授(11/22)

10月の生産者物価指数、2.2%上昇(11/22)

中国の工場はそう簡単には移転できない 蔡冠深・香港中華総商会会長(11/22)

全体の雇用が減少、非正規職法施行で(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン