食品・医薬品部門、原料製造への投資を模索

インドネシアの製造業のうち、食品・飲料と医薬品の部門は、原材料を輸入に頼っている割合が高く、原材料を国内で賄うために投資が必要とされている。原材料が国内で調達できれば、輸入量を減らし、貿易赤字縮小にもつながる。8月31日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 インドネシ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシア語で「大丈…(11/21)

【この人に聞く】AAB、日本のイベント提供 当地の日系企業にも積極展開(11/21)

ガルーダ航空、名古屋便を来年3月に就航(11/21)

エアアジア、首都空港第2ターミナル移転へ(11/21)

ネガティブリスト外資開放は25業種、調整相(11/21)

新政策パッケージ、経済界から歓迎の声(11/21)

改造車の展示会、2日間で30億ルピア成約(11/21)

インドネ不動産、地場と合弁でマ市場に参入(11/21)

自動車の顧客サービス満足度、首位は三菱(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン