食品・医薬品部門、原料製造への投資を模索

インドネシアの製造業のうち、食品・飲料と医薬品の部門は、原材料を輸入に頼っている割合が高く、原材料を国内で賄うために投資が必要とされている。原材料が国内で調達できれば、輸入量を減らし、貿易赤字縮小にもつながる。8月31日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 インドネシ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

「マールボロ」などを日本に初輸出(14:08)

国営企業の総利益の8割は上場企業が稼ぐ(12:46)

テイクオフ:トイレに入ると、個室か…(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

南北線第1期の開業を宣言 MRT、10年間で200キロ以上に(03/25)

和碩がインドネシア法人に正式出資、1千万ドル(03/25)

スズキ新型発表、エルティガ初のスポーツ車(03/25)

ガルーダ航空、名古屋便を就航(03/25)

ライオンエア、ボーイング747が最終飛行(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン