• 印刷する

偕行会、透析事業を5年で20カ所展開

偕行会グループ(愛知県名古屋市)は17日、インドネシア企業と現地に合弁会社を設立することで合意した。海外拠点を設けるのは初めて。年末に首都にクリニックを開業するほか、人工透析事業を5年以内に全国20カ所に展開する予定だ。

合弁会社カイコウカイ・インドネシアを来月にも設立する。資本金は480億ルピア(約4億8,000万円)。偕行会グループ完全子会社のJKRが67%、地元実業家ラフマット・ゴーベル氏らが経営するダルマ・タマ・ヌグラハ(DTN)が33%を出資する。

12月末をめどにジャカルタ南部のオフィスビル「セントラル・スナヤンI」内に「カイコウカイ・クリニック」を開業し、総合内科、健康診断、糖尿病など慢性疾患の治療サービスを提供。邦人の利用が多いと見込み、日系保険会社との各種提携、日本語を話すスタッフの配置などで利便性を高める。

糖尿病の治療ではクリニック以外に、透析事業を全国の主要都市に展開する。各病院のフロアを間借りするなどで投資額を抑え、専門医療を提供していく考えだ。

偕行会の橋本一幸総務部長は「日本の医療機関がインドネシア企業と組んで事業を展開するのは初めてで、他社の先駆けとなりたい」と述べ、今後のほかの日系医療機関の進出にも期待を示した。

インドネシア開発準備室の川原岳志室長は「2030~40年にはインドネシアの糖尿病患者が約2,000万人に拡大する」との見通しを提示した上で、透析医療の需要は60万人ほどと予想。需要は現在の日本の約2倍が見込まれるため現地での体制構築を進めていく方針だ。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2018年の新作、ク…(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

来年の首都最低賃金、州労働局8%増に準拠(10/23)

日系出資発電所に官民で13億ドルの協調融資(10/23)

日本政府、MRT工事で700億円供与へ(10/23)

首都、MRT事業に22億円の補助金を計上へ(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

BNI、汚職事件のメイカルタへの融資停止(10/23)

インフラ6案件に非政府予算で30億ドル調達(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン