偕行会、透析事業を5年で20カ所展開

偕行会グループ(愛知県名古屋市)は17日、インドネシア企業と現地に合弁会社を設立することで合意した。海外拠点を設けるのは初めて。年末に首都にクリニックを開業するほか、人工透析事業を5年以内に全国20カ所に展開する予定だ。

合弁会社カイコウカイ・インドネシアを来月にも設立する。資本金は480億ルピア(約4億8,000万円)。偕行会グループ完全子会社のJKRが67%、地元実業家ラフマット・ゴーベル氏らが経営するダルマ・タマ・ヌグラハ(DTN)が33%を出資する。

12月末をめどにジャカルタ南部のオフィスビル「セントラル・スナヤンI」内に「カイコウカイ・クリニック」を開業し、総合内科、健康診断、糖尿病など慢性疾患の治療サービスを提供。邦人の利用が多いと見込み、日系保険会社との各種提携、日本語を話すスタッフの配置などで利便性を高める。

糖尿病の治療ではクリニック以外に、透析事業を全国の主要都市に展開する。各病院のフロアを間借りするなどで投資額を抑え、専門医療を提供していく考えだ。

偕行会の橋本一幸総務部長は「日本の医療機関がインドネシア企業と組んで事業を展開するのは初めてで、他社の先駆けとなりたい」と述べ、今後のほかの日系医療機関の進出にも期待を示した。

インドネシア開発準備室の川原岳志室長は「2030~40年にはインドネシアの糖尿病患者が約2,000万人に拡大する」との見通しを提示した上で、透析医療の需要は60万人ほどと予想。需要は現在の日本の約2倍が見込まれるため現地での体制構築を進めていく方針だ。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 医療・薬品金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の重機生産台数、6割増の4036台(17:04)

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(16:14)

ガルーダ、西ジャワ新空港と業務提携で合意(16:11)

LCGC販売台数が低調に 昨年から一転、融資規制が圧力に(10/20)

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(10/20)

配車アプリの改正法を発表、シール貼付など(10/20)

シャープ、新型コードレス掃除機を発売(10/20)

たばこ税、来年1月から10%引き上げ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン