《安全》デング熱感染、1~7月は7千人

カンボジア保健省が実施する国家デング熱防止プログラム(NDCP)の責任者によると、今年1~7月の全国のデング熱患者数が前年同期を大幅に上回る7,000人に達した。患者の大半が子どもで、これまでに13人が死亡した。柬華日報(電子版)などが伝えた。 死亡の原因は保護者が医…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】きしむ現場、予算が不足 砂上の教育(上)教員育成道半ば(06/26)

上場5社の利益率、2018年は最大40%(06/26)

首都浄水場建設、欧州投資銀が1億ドル融資(06/26)

ネクストシフト、農家向け小口金融に融資(06/26)

タイ40社が投資会議に参加、提携先を開拓へ(06/26)

シアヌークビルのビル倒壊、観光に影響せず(06/26)

【ASEAN】激震が走るスリランカのファイナンス業界(06/26)

タイ首相、成長持続へ5カ国の連携呼び掛け(06/26)

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン