• 印刷する

花王、上海工場の太陽発電設備が稼働

花王は22日、上海市に置く現地法人、上海花王の工場に太陽光発電設備を導入し、今月6日から運用を開始したと発表した。温室効果ガスの排出削減に向けた取り組みの一環で、今回の導入は海外ではマレーシア、タイに続き3例目となる。

衛生用品を生産する閔行区の工場の屋上に、パネル発電容量297キロワット(kW)の太陽光発電設備を設置した。年間約310メガワット時(MWh)を発電し、1年で約244トンの二酸化炭素(CO2)排出削減を見込む。

同社ウェブサイトによると、上海花王は1993年の設立で、家庭用製品の製造や販売を行う。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

フェルダ、中国先物取引を支援 パーム油で大連商品交易所と覚書(11/16)

テイクオフ:ほろ酔いで深夜の繁華街…(11/16)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

省別GDPで2桁成長ゼロに 1~9月、西部がトップ3(11/16)

小型車減税の復活、発改委が否定(11/16)

合晶が上海工場移転へ、現地政府の要請受け(11/16)

3カ国の大手銀、イノベーション拠点を開設(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

海外からの対中投資、1~10月は3.3%増(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン