• 印刷する

花王、上海工場の太陽発電設備が稼働

花王は22日、上海市に置く現地法人、上海花王の工場に太陽光発電設備を導入し、今月6日から運用を開始したと発表した。温室効果ガスの排出削減に向けた取り組みの一環で、今回の導入は海外ではマレーシア、タイに続き3例目となる。

衛生用品を生産する閔行区の工場の屋上に、パネル発電容量297キロワット(kW)の太陽光発電設備を設置した。年間約310メガワット時(MWh)を発電し、1年で約244トンの二酸化炭素(CO2)排出削減を見込む。

同社ウェブサイトによると、上海花王は1993年の設立で、家庭用製品の製造や販売を行う。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

化学品の安全徹底を、国務院が緊急通達(13:20)

科技大、本土AI企業と共同研究(12:47)

テイクオフ:「念ずれば通ず」という…(03/26)

BYD、電気バスを日本投入 24年までに1千台、価格に自信(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

保険料率の引き下げ、失業と工傷も=財政相(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

出産保険と職工医療保険を統合、年内に(03/26)

習氏、米政権をけん制=仏大統領と会談(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン