• 印刷する

テイクオフ:8月15日にインドと東…

8月15日にインドと東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳11人が笑顔で手を振る写真が、タイの英字紙に掲載された。インドの71回目の独立記念日を祝う広告だ。タイとインドの友好、独立のために戦った人々に敬意を表するメッセージをインド大使館が送った。

タイは当時から独立国で、インド系商人が住み、独立を目指す活動家やインド国民軍の女性部隊が駐留したと聞く。同部隊に参加した唯一の日本生まれのインド人女性アシャさんの数奇な人生が書籍化された記憶も新しい。

その2日後にはインドネシアの73回目の独立記念日を祝う広告。広告主は大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ。2つの広告は経済面に載った。だが単なる外交やビジネス上の広告とは思えない。その意味を自問しつつ、笑顔の首脳たちには偽りのない平和の実現に注力してもらいたい。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

PTT、Sカーブ投資推進に孫会社設立(13:44)

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン