• 印刷する

テイクオフ:キャンベラにあるオース…

キャンベラにあるオーストラリア連邦議会に、各メディアの記者室があるフロアがある。公共放送ABCやオーストラリアン、ロイターやAPなどが部屋をあてがわれており、記者たちの集合写真まで議会通路に飾られている。なんとなく、議会とメディアが持ちつ持たれつのような印象を受ける。

その辺は、記者クラブを持つ日本と変わらない感じがするが、今回の「ダットンの乱」では、メディアが議員にかなり手厳しいインタビューをしているので、感心させられる。例えばラジオのニュース番組では、閣僚インタビューの際、詰問調で議員をやり込めるのは珍しくない。質問原稿など無いかのようだ。

市町村議会から県議会や国会、テレビのニュース番組に至るまで、原稿の棒読みばかりが目立つ日本から見ると、オーストラリアを含めた欧米の談論風発の文化には敬意を抱かざるを得ない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家族づきあいしているオ…(03/26)

NSWが280億$インフラ整備 与党、選挙公約実現へ(03/26)

豪財界、新国家ブランドを構築へ(03/26)

労働党の会計費控除制限、業界が見直し要請(03/26)

連邦裁が法人専門刑事局設立、王立委に対応(03/26)

WA接近のサイクロン、豪経済に10億$影響(03/26)

豪資源大手2社、NTでフラッキング再開へ(03/26)

豪CO2削減は不十分、EUとのFTAで圧力(03/26)

対EUのFTA、産地名保護で豪農家にも恩恵(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン