• 印刷する

西シドニー空港周辺地区、来年区画改正へ

オーストラリア政府が計画するニューサウスウェールズ(NSW)州バジェリーズクリークの西シドニー空港周辺地区で、来年にも区画改正が行われることが分かった。経済活動や住宅地など目的別に開発が行われ、シドニー西部で最大20万件の職の創出を目指す。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

NSW州政府の計画環境省がこのほど、「ウエスタン・シドニー・エアロトロポリス」と呼ばれる経済活動指定地区の初期土地計画を発表。同空港周辺1,780ヘクタールの地域を9区画に分割し、このうち空港に隣接する南北2区画を「エアロトロポリス・コア」と「ノーザン・ゲートウエー」として優先的に計画を進める。雇用促進が主目的となるが、一部は住宅地として開発されるという。第3の区画「サウス・クリーク」は、アメニティや生物多様性を重視したオープンスペースとして開発する。

計画環境省の同地区担当のウィットワース氏は、「新空港とエアロトロポリス地区は、シドニー西部に最大で住宅6万軒と20万件の職を創出する」と述べた。開発については今後新設される政府機関と、シドニーの鉄道周辺のインフラ開発を担当するために最近設置されたシドニー・メトロ・オーソリティーが監督する。

シドニー商工会議所西部支部のボーガー支部長は同計画を歓迎した上で、新設される開発機関が早々に始動するよう民間としてできることをしていく考えを示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン