• 印刷する

テイクオフ:マレーシアのご当地料理…

マレーシアのご当地料理や果物(ドリアン含む)がどれも好きだ。辛いものも大好き。朝昼晩いずれも屋台か大衆食堂で楽しむことが多く、特定の日本食がたまらなく食べたくなることはなかった。

ところが、8月初旬に日本へ帰省した時、ある日本食にハマってしまった。「卵かけご飯」だ。帰国のたびに生卵は口にしていたはずだったが、今回は無性においしく感じた。豪華な料理が並んだ夕食でもご飯と卵をリクエストするくらい、卵がけご飯の日々だった。

もちろんマレーシアにも卵はあるが、卵かけご飯を食す人はいないし、地元の知人に説明しても、「なまで食べるの?おいしいのか、それ?」とけげんな顔だ。少なくとも温泉卵くらいに加熱しないと食べない。そう、伝統の食文化と徹底した衛生管理があってこそ楽しめるのが、日本の卵かけご飯なのだ。ああ、卵かけご飯が食べたい。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン