• 印刷する

国内初の高速道路、11月着工=公共事業省

カンボジア公共事業・運輸省は、首都プノンペンと南部シアヌークビルを結ぶ同国初の高速道路を11月に着工することを明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

同高速道路は、プノンペン郊外のチャム・チャオ地区の国道4号線と5号線の結節点からシアヌークビルまでの全長約190キロメートルで、大部分は4車線となる。建設費は20億米ドル(約2,200億7,000万円)、完成は4年後になる見込み。

1月に中国政府系の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程が、カンボジア政府とBOI(建設・運営・譲渡)方式での請負契約を交わした。政府は現在、沿線住民の立ち退き補償を進めている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本政府、港湾電子化・かんがい整備を支援(02/21)

EU制裁は国際対立を激化、野党名誉党首(02/21)

シアヌークビル空港、滑走路延伸が着工(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

シエムレアプに水族館建設、7千万ドル投資(02/21)

越産コメ輸出、条件緩和も中国規制で減速(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン