• 印刷する

ガレナ、eスポーツの第2回大会を開幕

ガレナ(タイランド)はeスポーツの大会「RoVプロリーグ・シーズン2」の開催を発表した=20日、バンコク(NNA撮影)

ガレナ(タイランド)はeスポーツの大会「RoVプロリーグ・シーズン2」の開催を発表した=20日、バンコク(NNA撮影)

オンラインゲーム事業などを展開するガレナ(タイランド)と通信大手トゥルー・コーポレーションなど他2社が合同で開催する、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の第2回大会「RoVプロリーグ・シーズン2」が20日開幕した。

大会は10月20日まで。試合はガレナの運営する「ガレナeスポーツ・スタジオ」で行われ、20日の決勝戦はバンコクの商業施設「セントラル・ワールド(CW)」にあるGMMライブ・ハウスで開催される予定。

今大会はトゥルーのほか、ヤマハ発動機のタイ法人、タイ・ヤマハ・モーター(TYM)や、中国の大手スマートフォンメーカー、OPPOタイと合同で開催し、3Dデータを立体化する拡張現実(AR)技術なども取り入れる。競技参加者の平均年齢は25~45歳で、大会期間中は参加者1人当たり月5万バーツ(約16万8,000円)が支払われるという。

第1回大会は今年1~4月に開催された。視聴者は約22万人に上り、500万バーツを売り上げた。今大会では売上高600万バーツを目指す。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

PTT、Sカーブ投資推進に孫会社設立(13:44)

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン