• 印刷する

テイクオフ:中国ブランドのスマホに…

中国ブランドのスマホには、さまざまな迷惑電話を警告してくれる機能がある。その日かかってきた電話は、画面に相手先番号とともに「セールス電話」の表示。いつもの通り無視していたが、広州局番の番号にどうも見覚えがある。履歴を確認して納得。会社からの呼び出しだった。

受信者からのフィードバックを反映しているのか、それとも今はやりのビッグデータとやらで通話履歴を分析しているのか、迷惑電話を分類する仕組みは分からない。便利な機能であることは間違いないが、自社の電話がこのように判定されてしまうのは不本意だ。

技術の進歩で自動的に選別が行われ、自分が知らないうちに理不尽なレッテルが貼られている。想像すると、ちょっとしたSFかホラーのようだ。不安に襲われ自分の携帯から知人に電話。よかった。まだ普通にとってもらえた。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(21:03)

12月の新築住宅価格、上昇は59都市に減少(18:12)

MICE業界が長期苦境か 展示場不足やホテル料金上昇で(01/16)

テイクオフ:広州市の旧市街に「永慶…(01/16)

香港訪問の本土団体ツアー数、18年は3%減(01/16)

鉄鋼の過剰生産解消を達成 1.5億トン削減、2年前倒しで(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

本土客の香港旅行、平均消費2.1万ドル(01/16)

先端技術などに重点、今年のインフラ建設(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン