• 印刷する

テイクオフ:中国ブランドのスマホに…

中国ブランドのスマホには、さまざまな迷惑電話を警告してくれる機能がある。その日かかってきた電話は、画面に相手先番号とともに「セールス電話」の表示。いつもの通り無視していたが、広州局番の番号にどうも見覚えがある。履歴を確認して納得。会社からの呼び出しだった。

受信者からのフィードバックを反映しているのか、それとも今はやりのビッグデータとやらで通話履歴を分析しているのか、迷惑電話を分類する仕組みは分からない。便利な機能であることは間違いないが、自社の電話がこのように判定されてしまうのは不本意だ。

技術の進歩で自動的に選別が行われ、自分が知らないうちに理不尽なレッテルが貼られている。想像すると、ちょっとしたSFかホラーのようだ。不安に襲われ自分の携帯から知人に電話。よかった。まだ普通にとってもらえた。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

新世界発展、大湾区での事業展開を強化(11/15)

固定資産投資伸び復調、1~10月0.3P拡大(11/15)

中国が26品目の輸入関税引き下げで合意(11/15)

テイクオフ:ここ上海でも秋は深まり…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

テーマパーク、20年に米超え 入場者2.3億人に、市場拡大続く(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

自動車在庫さらに増加、ディーラーに負担(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン