• 印刷する

テイクオフ:東南アジアでは食事の油…

東南アジアでは食事の油と辛さには気をつけろ、と初めて注意されたのはもう十数年前。今では大抵の辛さには慣れた。しかし、なかなか越えられないのがインドネシアの「壁」だ。

とにかく辛いのである。「最初に甘味がきて、その後に辛さが~」なんてしゃれたものではない。いわばむき出しの暴力的な辛さである。店員のお姉さんから「ミディアム・スパイシー」と言われた料理でも、食べながら半べそをかいたほどだ。

日本人とインドネシア人では、辛さのレベルもスタート地点から1~2段階ほど差があるのだろう。日本人のイメージする「辛い」が、インドネシア人にとってトウガラシちょっぴりくらいの感覚だろうか。すると、インドネシア人も辛いと認めた日系某社の即席ラーメンはどれくらいのものか、興味がわく。ただし食べたら大泣きか。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ブラウン管テレビやビー…(12/11)

セダン・SUV販売が不振 市場飽和、価格格差が下げ要因(12/11)

アバンザとセニア、来年初め新モデル発売か(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

19年の給与上昇率は8%の見通し、マーサー(12/11)

ビンタン島、ガラン・バタン経済特区が稼働(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

スマラン港の国際貨物取扱量は5%増(12/11)

東急コミュニティー、初の海外法人設立(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン