• 印刷する

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…

先週金曜、ニューデリー市内はかなり多くの道路が封鎖されていた。前日に亡くなったバジパイ元首相の葬儀があったためだ。

政権を握るインド人民党(BJP)の創設者である同氏。オールドデリー地区を歩くと、ご遺体の通り道だったのか、元首相の顔が印刷された巨大なパネルや特設ゲートが設置されていた。道端には、お祈りの後に見られる花びらもたくさん散らばっている。盛大に送り出されたようだ。

帰り道、ニュースを見ていて、元首相に最後の「リスペクト」を、という部分に目が留まる。インドは貧富の差が激しく、「生まれながらの階級の差」がある社会。「かわいそう」という気持ちが降ってきがちだった私を見かねた友人から、「同情よりも必要なのはリスペクトだよ」と諭されたばかりだった。敬意を払わないと対等にはなれない。急にそう腑に落ちて、言葉の意味をかみしめた。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

マヒンドラのEV部門、南部で工場を開所(11/16)

M&M系二輪、JAWAブランドで新モデル(11/16)

アショク、初のEVを来年1月に出荷へ(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

ムーディーズ、タタ自の格付見通し引き下げ(11/16)

空気清浄機市場、今年25億ルピー規模に(11/16)

米電線ベルデン、工場拡張に11億ルピー投資(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン