HCM市、韓国SMにスマート都市開発提案

ホーチミン市共産党委員会のグエン・ティエン・ニャン書記はこのほど、韓国の中堅財閥であるSMグループに対し、輸送や通信、住宅などの分野でホーチミン市のスマートシティー(環境配慮型都市)への投資を提案した。ニャン書記はSMグループが手掛ける化学やエネルギー、建設、…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

教育のFDI拡大に追い風 新政令で規制緩和、関心高まる(11/14)

10月の自動車販売、32%増の2.9万台(11/14)

ホーチミン市でデング熱が急増(11/14)

フォード、10月の販売数は12%増の2574台(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

タクシーの統一ブランドG7、ハノイで誕生(11/14)

バンコクエア、バンコク―越ニャチャン就航(11/14)

韓越の廃油処理会社、油水分離工場を建設へ(11/14)

住商系SCSK、FPTとIT事業で協業(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン