• 印刷する

テイクオフ:映画「我的少女時代(邦…

映画「我的少女時代(邦題・私の少女時代)」のヒロイン役などで知られる台湾の人気女優・宋芸樺(ビビアン・ソン)が、中台間の政治問題に巻き込まれている。

宋芸樺は2015年のインタビューで「一番好きな“国”は台湾」とコメント。この発言がこのほど、中国各メディアで取り上げられ批判を浴びた。「台湾独立派」とみなされた芸能人が中国で活動を禁じられることは珍しくない。騒動の沈静化のため、宋芸樺は短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」に「私は中国人」「祖国(中国)には敬服と深い愛情の念を抱いている」などと記した声明を発表。今度は台湾人から「お前の祖国は金」などと痛烈な批判を受けた。

芸能人に限らず中国でキャリア形成を図る台湾人は急増中。言葉が通じるという絶対的な強みもある。その一方で、日本人には想像できないきゅうくつさを感じているのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

TSMC、生産拡大に1034億元の予算(11/15)

HTC、パリでVR使った印象画の展覧会開催(11/15)

広達が42億元で桃園の用地取得、生産拡大へ(11/15)

PCBの臻鼎、3年でAI向けなど生産拡大(11/15)

ASUS執行長、米中摩擦など3要素に懸念(11/15)

鴻海の3Q純利益、直近2年の同期で最高(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン