公共事業への入札要件緩和、中小企業に

シンガポール政府は、国内の中小企業が公共事業の入札に参加しやすくするための制度改革を進めている。10月には、入札関連の書類などに押印を義務付ける制度を廃止する。チー・ホンタット上級国務相(通産担当)が16日、シンガポール事業連盟(SBF)の会合に出席した際、明らか…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「中国革命の父」と呼ば…(03/27)

2月製造業生産は0.7%上昇 プラスに転換も電子など不振続く(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

中小企業の景況感、1~3月期は引き続き悪化(03/27)

SBイノベンチャー、日本食の輸出支援開始(03/27)

三井不動産、地場プロップネックスと提携(03/27)

航空機整備のシンガ越合弁企業、設立認可(03/27)

サムウォとJTC、建設の技術革新で提携(03/27)

アジア生産性機構、リンフィニティーと提携(03/27)

シンガ越合弁、HCM市にツインタワー建設(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン