公共事業への入札要件緩和、中小企業に

シンガポール政府は、国内の中小企業が公共事業の入札に参加しやすくするための制度改革を進めている。10月には、入札関連の書類などに押印を義務付ける制度を廃止する。チー・ホンタット上級国務相(通産担当)が16日、シンガポール事業連盟(SBF)の会合に出席した際、明らか…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節を24日に控え、…(09/19)

バイオ医薬の安全性試験所開所 独メルク、ア太地域で初(09/19)

米企業直接投資は7%増 5年連続で域内首位、電子が好調(09/19)

企業庁、技術革新でフランスと共同事業募集(09/19)

チワタイ、トンロー通りに低層コンド開発(09/19)

清掃業界の生産性向上、政府が3千万Sドル(09/19)

アスコットがホテル事業、隣国企業に出資(09/19)

都市再開発庁のBID事業、9地区が参加(09/19)

第11回F1の来場者、過去2番目の多さ(09/19)

通信シングテル、eスポーツは大きな商機(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン