• 印刷する

テイクオフ:18日に待望のジャカル…

18日に待望のジャカルタ・アジア大会が開幕した。目玉だったジャカルタLRTが選手の輸送に間に合わなかった以外は、なんとか無事に始まることができた、と思いきや、実は入場チケットの公式販売業者が対応困難のため、開幕直前でドロップアウトしていたことが明らかになった。現在は代わりに地場EC業者が対応するも、一部のチケットは海外で購入できない状態という。

ここで思い出すのが、十数年前にシンガポールでのサッカー日本代表戦のチケット購入騒動。日本代表がやって来るとあり、日本だけでなく東南アジア域内の在留邦人からの注文が殺到した結果、チケット購入用のサーバーが落ちてパニックになった。そのときの業者は「こんなに注文が来ると思わなかった」と説明していた。

今回の騒動も将来に向けた教訓になれば、と考えるのはやはり難しいか。(角)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:出社しようとすると家主…(01/22)

【この人に聞く】一種一品の小口発注に対応 精密板金の梅田、下期は工場拡張(01/22)

エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標(01/22)

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増(01/22)

国営鉄道車両製造、バングラに15両を出荷(01/22)

ジャワ横断道路が開通、一部で混雑地点残る(01/22)

国家戦略事業の31案件、10月までの完工を急ぐ(01/22)

18年の鉄鋼輸出額、前年比72%増に急増(01/22)

華安の糖尿病足病変薬、インドネ企業に権利授与(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン