政府、民間資本の参入ハードル引き下げへ

中国の李克強首相が主宰する国務院(中央政府)常務会議は16日、重点分野に対する民間資本の参入のハードルを引き下げる方針を決めた。民間の活力を使って景気浮揚を図るもので、環境保護、交通・エネルギー、社会事業を対象に据える。 民間資本にとって事業の潜在的可能性が大き…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

化学品の安全徹底を、国務院が緊急通達(13:20)

科技大、本土AI企業と共同研究(12:47)

テイクオフ:「念ずれば通ず」という…(03/26)

BYD、電気バスを日本投入 24年までに1千台、価格に自信(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

保険料率の引き下げ、失業と工傷も=財政相(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

出産保険と職工医療保険を統合、年内に(03/26)

習氏、米政権をけん制=仏大統領と会談(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン