• 印刷する

森崎ウィンさん、観光親善大使に任命

日本で活躍するミャンマー人俳優、森崎ウィンさん(28)がミャンマーの観光親善大使となった。18日に最大都市ヤンゴンで行われた任命式であいさつした森崎さんは、「日本の若い世代にミャンマーの魅力を伝えたい」と語った。

森崎さんは、「11歳で日本に渡った当時、周囲にミャンマーを知る人はほとんどいなかったが、3~4年前からは認知度が大きく上がり、それを誇りに思っている」と述べ、親善大使として、特に日本の同世代にミャンマーの治安の良さや都市部の発展ぶり、笑顔が多く幸せを感じられる雰囲気などを伝えていきたいと抱負を語った。今後、森崎さんはテレビ出演など自身の芸能活動の中で、ミャンマーの旅行先としての魅力を発信していく。

ミャンマー政府は先ごろ、今年10月1日から日本人、韓国人向けの観光ビザを免除することを決定。両国への観光誘致プロモーションを本格化している。ミャンマー政府とミャンマー観光連盟はこれまでに、演歌歌手のこおり健太さん、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんを観光親善大使に任命しており、森崎ウィンさんが3人目となる。

森崎さんはミャンマーの若者の間で人気が高まっており、現地に進出する日系企業のブランド大使を務めるほか、新商品のコマーシャルにも出演している。

ミャンマーオン・マウン・ホテル・観光相から観光プロモーションブランド大使の任命証を授与される森崎ウィンさん(右)=18日、ヤンゴン

ミャンマーオン・マウン・ホテル・観光相から観光プロモーションブランド大使の任命証を授与される森崎ウィンさん(右)=18日、ヤンゴン


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 観光政治

その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(10/17)

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で(10/17)

4~9月の貿易赤字、13億米ドルに縮小(10/17)

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始(10/17)

食品安全基準のGAP認証、取得農家が急増(10/17)

ヨマ銀、マイクロファイナンスへの融資拡大(10/17)

国内航空各社、運賃の値上げは当面実施せず(10/17)

政府・国軍・武装勢力が和平特別会合を実施(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン