• 印刷する

テイクオフ:山東省青島市の市北区に…

山東省青島市の市北区にある「青島ドイツ風情通り(青島徳国風情街)」。ドイツムードがどこまで感じられる通りなのだろうかと、青島を訪れた際に出掛けてみた。

実際にこの通りを歩いてみて、ドイツ風情通りというよりは日本風情通りといった方がより実態に近いような気がしてならなかった。というのもこの通りにある歴史的建築物のうちかなりの建物は、日本に由来するからだ。三菱商事、三井物産、旧横浜正金銀行(三菱UFJ銀行の前身の一つ)などの旧青島支店、日本人が設計した旧青島取引所、旧日本商工会議所……などなど。印象では、ドイツ由来の建物よりもはるかに目立つ。

とはいえこれら日本由来の建物は和風建築ではなく、ほとんどが石材を使った欧州様式の実に風格ある建築だ。それを考えると、ドイツ風情通りの方がやはり似合っているのかもしれない。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海ガニの直売店を見か…(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

「経済覇権主義」と米を非難 中国政府、貿易摩擦で白書(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

潜在内需を掘り起こし、党と政府が号令(09/25)

日系企業が中国生産見直し、業績悪化回避へ(09/25)

床材の美テツ、19年2Qにも東莞でSPC量産(09/25)

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/25)

中国が補助金情報を提出へ、鉄鋼過剰生産(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン