• 印刷する

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所

関西電力は17日、ミャンマーの電力・エネルギー省から、第2の都市マンダレー近郊でのIPP(独立発電事業)「ディードック水力発電プロジェクト」の推進を認める通知を得たと発表した。

同事業では、マンダレーの南東約30キロにあるディードックに、出力5万6,000キロワット(kW)の水力発電所を建設し、電力・エネルギー省傘下の電力発電公社(EPGE)に売電する。既存のイェイワ発電所からは約20キロ離れた位置となる。

関西電力は昨年から、提携先であるオーストリアの水力機器メーカー、アンドリッツ・ハイドロ、ミャンマーのシュエタン・グループとともに、事業性評価などの準備に取り組んでいた。19年着工、22年の運転開始を目指す。

認可通知を受け、アンドリッツ、シュエタン、電力・エネルギー省と、発電所の建設や運転保守を行う現地プロジェクト会社の設立に向け、協議に入る。

ミャンマーでは、経済成長に伴い電力需要の増加が見込まれており、供給力の確保が急務となっている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【アジメシ】 ヤンゴンの中間層に人気のカフェ(03/21)

2月投資認可額は4.4億ドル 前月から横ばい、目標の3割に(03/20)

アパート法の早期成立、建設業協会が要請(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

ウェーブマネー、MEB銀と年金支払い業務(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

縫製品のCMP輸出、3月までで45%増(03/20)

混合食用油の合法化を、業界団体が要望(03/20)

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン