• 印刷する

テイクオフ:日常生活をほとんど英語…

日常生活をほとんど英語で過ごしているものの、英語の「数」の概念を使いこなすのに長年苦労している。英語ネーティブとコミュニケーションを取る時には、話題の対象が単数なのか複数なのか、そして特定の存在なのか不特定なのかをはっきりさせることに気を遣うからだ。

日本人同士の会話で「学校」が話題に上がった場合、それが特定の1校を指しているのか、その辺にある複数の学校を指しているのか、あるいは概念としての学校を指しているのかは文脈から察することができるので、冠詞の「a」や「the」を付けるかどうかはまったく考えない。しかし、英語ネーティブと話す時にはそこをよく考えないと微妙なニュアンスで誤解が生じることがある。

日本で「察してくれる」英語の先生に恵まれたおかげか、いまだに苦労する自分がいる。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアのバス事…(09/25)

豪小売業界に逆風 倒産と統合が加速か(09/25)

豪格付け見通し、「安定的」に引き上げ(09/25)

豪産業界、政権交代想定で労働党と関係強化(09/25)

〔政治スポットライト〕安倍首相、11月にダーウィン初訪問へ(09/25)

新型潜水艦契約が難航、豪国防相が仏に圧力(09/25)

日本の石炭火電離れ、豪石炭需要に影響か(09/25)

保険各社、刑事罰対象の違法行為も=王立委(09/25)

香港CKI、豪とNZの農地資産拡大を計画(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン