• 印刷する

テイクオフ:日常生活をほとんど英語…

日常生活をほとんど英語で過ごしているものの、英語の「数」の概念を使いこなすのに長年苦労している。英語ネーティブとコミュニケーションを取る時には、話題の対象が単数なのか複数なのか、そして特定の存在なのか不特定なのかをはっきりさせることに気を遣うからだ。

日本人同士の会話で「学校」が話題に上がった場合、それが特定の1校を指しているのか、その辺にある複数の学校を指しているのか、あるいは概念としての学校を指しているのかは文脈から察することができるので、冠詞の「a」や「the」を付けるかどうかはまったく考えない。しかし、英語ネーティブと話す時にはそこをよく考えないと微妙なニュアンスで誤解が生じることがある。

日本で「察してくれる」英語の先生に恵まれたおかげか、いまだに苦労する自分がいる。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの家のド…(11/15)

豪州の3Q賃金、2.3%上昇 最低賃金引き上げが貢献(11/15)

豪11月消費者マインド改善、楽観12カ月続く(11/15)

政府、中小企業向けローン市場に20億$投入(11/15)

労働党の340億$増税案、豪経済に悪影響か(11/15)

QLDの鉱山リハビリ改正法、既存鉱山除外(11/15)

炭素税導入案、石油大手ウッドサイドは賛成(11/15)

NSW州が送電網開発、再生エネ投資増狙い(11/15)

豪、次期潜水艦の建造で仏に財務保証を要求(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン