• 印刷する

マンダレー管区、ポリ容器の使用禁止運動

ミャンマー第2の都市を管轄するマンダレー市開発委員会(MCDC)は、9月からの3カ月間、主に飲食店を対象とした発泡スチロール容器の使用禁止キャンペーンを実施する。ミャンマー・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

MCDC清掃局のソー・ティン・アウン副局長は「投棄された発泡スチロール容器で排水溝がつまるなどの問題が発生している。発泡スチロール容器の使用は健康被害を引き起こす恐れもあるため、使用を禁止する」と説明した。

キャンペーン終了後の12月に違反者に法的措置をとる。発泡スチロール容器を使用している飲食店や店舗には5万チャット(約3,700円)の罰金を科し、同容器を製造している工場には閉鎖を命じる場合もあるという。

ソー・ティン・アウン副局長は「発泡スチロール容器の代わりに、分解性の紙容器や植物の葉を利用するよう働きかけていく」と述べた。

清掃局のデータによると、マンダレー管区では現在、10工場で発泡スチロール容器が製造されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(10/17)

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で(10/17)

4~9月の貿易赤字、13億米ドルに縮小(10/17)

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始(10/17)

食品安全基準のGAP認証、取得農家が急増(10/17)

ヨマ銀、マイクロファイナンスへの融資拡大(10/17)

国内航空各社、運賃の値上げは当面実施せず(10/17)

政府・国軍・武装勢力が和平特別会合を実施(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン