今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も

フィリピンの衣料品・繊維輸出業界は、米中貿易摩擦の激化で、今年の輸出額が最大で前年比20%増の12億3,000万米ドル(約1,360億円)に拡大する可能性があるとの見通しを示した。米国で中国製の衣料品に高関税がかけられることで、フィリピンの衣料品・繊維輸出額の7割近くを占め…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3年ほど前、北陸新幹線…(11/15)

阪急阪神不動産が住宅事業拡大 中間層取り込み、戸建てに注力(11/15)

サンミゲル決算、全部門好調で2割増益(11/15)

財閥アヤラ、1~9月は3%増益(11/15)

複合AGI、1~9月は2桁の増収増益(11/15)

DMCI、石炭不調響き1~9月は減益(11/15)

14日為替:$1=53.090ペソ(↑)(11/15)

サンミゲル食品、一般株主比率30%に(11/15)

港湾大手ICTSI、1~9月は10%増収(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン