いすゞ、ディーラー30店視野 特装車・温管車の需要掘り起こし

いすゞが、ベトナムでの中長期的な目標として販売台数1万台を目指す。小型トラック「QKR」シリーズが主力商品として順調に販売を伸ばしており、トラックとLCV(ピックアップトラックやスポーツタイプ多目的車=SUV)を分けて販売開始したことの好影響も出始めている。中~…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

インスタントコーヒー市場拡大 新商品続々、バラエティー豊かに(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

ホンダ二輪販売、10月は8%増の24万台超(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

国内初の小規模貸し倉庫、個人事業主に人気(11/16)

商船三井ロジ、ダナンに営業拠点(11/16)

神奈川県、水道分野でランソン省に技術協力(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン