• 印刷する

イスラム犠牲祭の祝日、8月21日に確定

フィリピンの大統領府は15日夜、イスラム教の犠牲祭(イドゥル・アドハ)として、8月21日を国民の祝日(レギュラー・ホリデー)にすると発表した。同日はもともとニノイ・アキノ記念日で、2つの祝日が重なった。

ドゥテルテ大統領が、祝日を宣言する大統領布告第556号に署名した。犠牲祭は、共和国法第9849号により国民の祝日と定められており、太陰暦に基づくイスラム暦(ヒジュラ暦)に従って、大統領が日付を確定する。国家ムスリム・フィリピン人委員会(NCMF)が21日を犠牲祭の日に推薦した。

マレーシアやインドネシア、ミャンマーなどは22日を祝日に設定している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

法人税減税も歳入への影響限定的、フィッチ(09/25)

石油貿易、上半期の赤字33%増の6400億円(09/25)

カビテ州空港計画、政府は「一定の距離感」(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン