• 印刷する

テイクオフ:いつもは陽気なインド人…

いつもは陽気なインド人の知人がふさぎこんでいた。「ネット詐欺にあった」。欲しかったスマホの新古品が広告掲載サイトに安く出されていた。さっそく出品者に連絡し、指定の1万3,000ルピー(約2万円)を送金したところ、その日を境に連絡が取れなくなった。

当地ではネット通販の利用が増えている。調査会社によれば、2020年までに市場規模は現在の2倍に当たる1,000億米ドルに膨らむ可能性がある。ただ景気の良い話ばかりではない。まっとうな販売者に当たれば問題ないが、個人同士のやりとりではトラブルが少なくないという。

詐欺にあった知人は、次に会ったときは笑顔に戻っていた。シャツの袖をまくってぴかぴかの腕時計を見せてくる。「ネットで買った中古品なんだ」。欲しいものを手軽に安く手に入れる。多少のリスクは伴うにせよ、ECへの志向は止めることのできない流れらしい。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

モディケア始動、対象者は5億人以上(09/24)

ウシャマーティン、鉄鋼事業をタタに売却(09/24)

アルミ業界、輸入制限の発動を要請(09/24)

二輪車TVS、メキシコで販売店40店開業へ(09/24)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(09/24)

伊べネリ、工場増設に向け専門部署を設置(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン