• 印刷する

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社

タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーションは14日、ミャンマーとラオスの工業団地開発事業を手掛けるため、子会社3社を設立する計画を発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、子会社は、中国の特別行政区、ミャンマー、ラオスに設立する。

中国の特別行政区では、ミャンマー・ヤンゴン管区で工業団地「スマート&エコ・シティー」を開発するヤンゴン・アマタ・スマート&エコ・シティーに投資するアマタ・アジア(ミャンマー)を来月末までに設立する。資本金は1,570万香港ドル(約2億2,300万円)で、アマタが全額出資する。

ミャンマーでは、アマタ・アジア(ミャンマー)を通じて、ヤンゴン・アマタ・スマート&エコ・シティーを来月末までに設立する。資本金は200万米ドル(約2億2,300万円)で、アマタ・アジア(ミャンマー)がほぼ全額を出資する。

ラオスでは、ラオスで工業団地スマート&エコ・シティーを開発する子会社アマタ・シティー・ラオを月内に設立する。資本金は250億キープ(約3億3,400万円)で、アマタが全額出資する。


関連国・地域: タイミャンマーラオス
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

UOB銀、タイでデジタルバンクを開始(02/19)

テイクオフ:来月24日にタイで予定…(02/18)

電動ボート、首都河川で運航 大気汚染で公共交通の電動化機運(02/18)

タイ中高速鉄道の一部区間、来月契約締結へ(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

18年1~11月の模倣品押収4倍増、密輸急増(02/18)

グロウの東部発電所売却、5社が購入に関心(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン