• 印刷する

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社

タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーションは14日、ミャンマーとラオスの工業団地開発事業を手掛けるため、子会社3社を設立する計画を発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、子会社は、中国の特別行政区、ミャンマー、ラオスに設立する。

中国の特別行政区では、ミャンマー・ヤンゴン管区で工業団地「スマート&エコ・シティー」を開発するヤンゴン・アマタ・スマート&エコ・シティーに投資するアマタ・アジア(ミャンマー)を来月末までに設立する。資本金は1,570万香港ドル(約2億2,300万円)で、アマタが全額出資する。

ミャンマーでは、アマタ・アジア(ミャンマー)を通じて、ヤンゴン・アマタ・スマート&エコ・シティーを来月末までに設立する。資本金は200万米ドル(約2億2,300万円)で、アマタ・アジア(ミャンマー)がほぼ全額を出資する。

ラオスでは、ラオスで工業団地スマート&エコ・シティーを開発する子会社アマタ・シティー・ラオを月内に設立する。資本金は250億キープ(約3億3,400万円)で、アマタが全額出資する。


関連国・地域: タイミャンマーラオス
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人が大学の卒業式に…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

8月の輸出7%増、貿易摩擦の影響は限定的(09/24)

輸入セメントの緊急制限も 5年で急増、越中泰3カ国で(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

ビューソニック、プロジェクター3製品拡販(09/24)

フォードに賠償命令、集団訴訟で初判決(09/24)

8月の二輪登録台数、6%増の15.7万台(09/24)

物流ワイス、中ASEANの越境輸送を強化(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン