• 印刷する

ECサイト閲覧者数、ラザダが首位を堅持

マレーシアの情報収集サイト運営会社「iPrice」はこのほど、2018年4~6月期(第2四半期)の電子商取引(EC)サイト上位50社の、延べ訪問者数(月間平均)を発表した。1位は中国EC最大手、阿里巴巴集団(アリババ・グループ)系の「ラザダ」で2,799万1,000人だった。次いで、シンガポール系「ショッピー(Shopee)」(同1,233万人)、韓国系の「11ストリート」(643万8,000人)の順だった。iPriceが調査結果を公表している17年第2四半期以降、ラザダが首位を堅持している。

会員制交流サイト(SNS)のフォロワー数も、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムを対象に調査している。ラザダのフォロワー数は、フェイスブックが2,551万9,000人で首位だった。ツイッターは3万1,000人で2位、インスタグラムは43万8,000人で7位だった。インスタグラムの上位6社は、ファッション系ECサイトが占めた。

地場系ECサイトで最も延べ訪問者数が多かったのは「レオン」で、522万1,000人(全体の4位)だった。以下、「ゴー・ショップ」が81万8,000人(同8位)、「ヘルモ」が75万9,000人(9位)で続いた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:すき焼きとしゃぶしゃぶ…(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

RM=27.2円、$=4.13RM(24日)(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

マレーシア航空、燃油サーチャージを復活(09/25)

配車サービスの規制強化で運転手登録減少(09/25)

ス州の水不足解消、無収水対策などが不可欠(09/25)

トリナソーラー、太陽光発電の導入増に期待(09/25)

若年高所得層、高価格帯スマホにシフト(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン