FFのEV年産能力、10年後500万台目指す

動画配信を中核とする楽視グループの創業者、賈躍亭氏が出資する米国の新興電気自動車(EV)メーカー、ファラデー・フューチャー(FF)の中国事業を担う恒大法拉第未来智能汽車(中国)集団は14日、広州市で設立式典を開催し、10年後に年産能力500万台を目指すと明らかにした。…

関連国・地域: 中国-広東米国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(19:18)

固定資産投資の伸び復調、1~10月0.3P拡大(18:10)

新世界発展、大湾区での事業展開を強化(16:07)

中国が26品目の輸入関税引き下げで合意(17:27)

テイクオフ:ここ上海でも秋は深まり…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

テーマパーク、20年に米超え 入場者2.3億人に、市場拡大続く(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

自動車在庫さらに増加、ディーラーに負担(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン