• 印刷する

MSCI中国株指数、A株の比重を倍増

MSCI株指数を算出・公表する金融サービス企業の米MSCIは14日までに、中国株指数に占めるA株(人民元建て普通株式)の比重を現在の2.5%から5%に引き上げるとともに、同指数に新たにA株10銘柄を加えると発表した。これにより、MSCI中国株指数に含まれるA株は236銘柄となるほか、MSCI新興国株指数に占める中国株指数の比重は0.75%になるとしている。実施は今月31日の証券取引終了後。

15日付経済参考報によると、新たにMSCI中国株指数に組み入れられるA株10銘柄は航空機メーカーの中航瀋飛、石炭生産や電力の中国神華能源、大手通信キャリアの中国聯合網絡通信集団(中国聯通、チャイナ・ユニコム)などとみられている。

中国の証券界では、MSCIの指数見直しに伴い、国内の証券市場に流れ込む投資資金の増加に期待が高まっている。招商証券は、堅く見積もって400億元(約6,450億円)が新たに流入するとの見方。興業証券は、90億米ドル(約9,990億円)を見込む。中信建設証券は165億4,000万米ドルと予想。同社はさらに、将来、A株の比重が20%にまで高まれば、650億米ドルが新たに流れ込むとみている。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

水源地の汚染問題、40都市が未解決(12/14)

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン