• 印刷する

米をWTOに提訴、太陽光パネルの輸入制限

中国商務省は14日、トランプ米政権が輸入太陽光パネルに対し発動しているセーフガード(緊急輸入制限)を不服として、世界貿易機関(WTO)に提訴したと発表した。米政府による国内の再生エネルギー産業向け補助金についても同時に提訴。報道官談話の形で、トランプ政権の保護主義を厳しく批判した。

トランプ米大統領は1月23日、外国製の太陽光パネルに対するセーフガード発動を発表。2月7日から、最高で30%の関税を課している。

商務省報道官は「米国の措置は、手続き上も実態としてもWTOのセーフガード協定に違反する疑いがある」と主張。中国の合法的な利益に損害を与えているだけでなく、WTOの規則が持つ厳格さと権威を揺るがすものと断じた。

報道官はさらに、米政府が自国製の太陽光パネルなど再生可能エネルギー関連製品に出している補助金を、輸入代替品への補助金の疑いがあり、内国民待遇の原則に違反していると指摘。これにより米国の再生可能エネルギー産業は不公正な優位性を得ている一方、中国の再生可能エネルギー企業の合法的な権益が損なわれているとした。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

海外留学経験者、3割が就職ミスマッチ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン