緑地集団、天津建工の株式65%取得

上海市に本拠を置く中国不動産開発大手の緑地控股集団(緑地集団)は14日、天津市の建設企業、天津市建工集団(天津建工)の株式65%を14億8,600万元(約240億円)で取得すると明らかにした。天津建工は天津市国有資産監督管理委員会(市国資委)が管轄する地方国有企業であり、今…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

テイクオフ:「ゴオォー」とジェット…(11/15)

遊園地の茘園、提携で成都にゴーカート場(11/15)

石油燃料車禁止に行程表を NEV業界、政協で相次ぎ提言(11/15)

固定資産投資伸び復調、1~10月0.3P拡大(11/15)

東芝の白物家電、20年にインド販売再開へ(11/15)

ソファ製造の敏華、ベトナム工場を拡張へ(11/15)

中国とカナダ、FTA推進で一致(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン