住みやすい都市、メルボ2位陥落で大阪躍進

2018年の「世界で最も住みやすい都市」のランキングが発表され、7年連続で首位を保っていたオーストラリア・ビクトリア州のメルボルンは2位に陥落した。同市では最近、アフリカ系ギャングによる犯罪数が増加しており、治安の悪化が順位に響いた。一方、大阪は3位に躍進した。15…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの家のド…(11/15)

豪州の3Q賃金、2.3%上昇 最低賃金引き上げが貢献(11/15)

豪11月消費者マインド改善、楽観12カ月続く(11/15)

政府、中小企業向けローン市場に20億$投入(11/15)

労働党の340億$増税案、豪経済に悪影響か(11/15)

QLDの鉱山リハビリ改正法、既存鉱山除外(11/15)

炭素税導入案、石油大手ウッドサイドは賛成(11/15)

NSW州が送電網開発、再生エネ投資増狙い(11/15)

豪、次期潜水艦の建造で仏に財務保証を要求(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン