• 印刷する

テイクオフ:当地では、コンサート会…

当地では、コンサート会場でのスマホ撮影は特に禁止されていない。中には、アーティスト自身がステージ上から観客と「自撮り」することもある。

ただ、最近は公演そっちのけでひたすらスマホでの撮影にいそしむ観客も多い。彼らは「撮って出し」の画像や動画を自身のソーシャルメディア上でシェアするのに忙しい。その結果、あっちでパシャリ、こっちでパシャリ。そのうちおしゃべりも始まり、騒がしいことこの上ない。

どのアーティストも、観客にコンサートのライブ感をめいっぱい楽しんでもらいたいと、準備や練習を重ねてきているはずだ。そうした彼らの努力に敬意を払うことなく手元のスクリーンに夢中になるのは、観客として失礼ではないのか。

「ライブの間はスマホを置こう」と諭す隣の席の観客に共感した。いまこの瞬間の熱狂は、二度と戻ってこないのだから。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン