• 印刷する

トラックの過積載、改善見られず

カンボジア公共事業・運輸省によると、トラックの過積載取り締まりで、7月に217台が摘発された。前月を5台上回った。柬華日報(電子版)が伝えた。

8月12日には首都プノンペンの国道60号線で取り締まりを行い、14台を摘発した。過積載重量は最大で40トンに達した。

相次ぐ取り締まりにもかかわらず、過積載に改善が見られない。取り締まりに当たった警察官は「傲慢(ごうまん)な態度で法律を無視する運転手が後を絶たない。勝手に車両を違法改造し、道路にダメージを与えている」と話した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の高速道路が着工 首都―港湾都市、中国が支援(03/25)

年功補償の過去遡及分、支払い開始年を延期(03/25)

タイ系の新経済特区、環境評価を取得(03/25)

シアヌークビルの汚水処理施設、4月に稼働(03/25)

前首都知事が議員辞職、評議会議長に就任(03/25)

通信当局、電力不足でもサービス維持を要請(03/25)

日本政府、防災対策拠点の整備支援(03/25)

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン