• 印刷する

中銀、中・低所得者住宅ローンの枠組み準備

マレーシア中央銀行は、初めてマイホームを購入する中・低所得層向けの新たな特別住宅ローン制度を来月までに策定する。財務省が連邦議会への文書による答弁で明らかにした。エッジマーケッツが14日伝えた。

財務省は現在、主要銀行、住宅ローンの買い取りや証券化を行う政府系金融機関チャガマス、住宅・地方政府省と共同で大詰めの検討作業を進めている。

新制度には◇最初のマイホーム購入者に対する柔軟な融資ガイドライン◇ローン取得前の金融カウンセリング実施◇印紙税や保険費用などの軽減――などが盛り込まれる見通しだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:すき焼きとしゃぶしゃぶ…(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

RM=27.2円、$=4.13RM(24日)(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

マレーシア航空、燃油サーチャージを復活(09/25)

配車サービスの規制強化で運転手登録減少(09/25)

ス州の水不足解消、無収水対策などが不可欠(09/25)

トリナソーラー、太陽光発電の導入増に期待(09/25)

若年高所得層、高価格帯スマホにシフト(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン