新政権100日、無難な滑り出し 大型事業見直しは成長の下押し圧力

マハティール新政権が発足してから17日で100日を迎えた。首相就任後「100日で10公約」を掲げ、国民の信任に応える姿勢を貫いた。最難関とみられていたGST(消費税)を実質撤廃したほか、燃料の店頭価格を一部政府が統制するなど「消費者の負担軽減」を重視した。地元有力紙スタ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近雨が多くなってきた…(11/15)

テイクオフ:マレー系の友人から「七…(11/15)

IT市場、19年は4.6%増予測 世界平均上回る伸び(11/15)

IHI、パーム廃棄物の燃料加工で子会社(11/15)

RM=27.1円、$=4.19RM(14日)(11/15)

ペトロナス子会社、ユーロ5軽油増産へ(11/15)

ナイムとガムダ、サラワク海岸高速受注狙う(11/15)

包装サイエンテックス、ダイボチ株42%取得(11/15)

サンウエー建設、ベロシティー2で工事受注(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン