新政権100日、無難な滑り出し 大型事業見直しは成長の下押し圧力

マハティール新政権が発足してから17日で100日を迎えた。首相就任後「100日で10公約」を掲げ、国民の信任に応える姿勢を貫いた。最難関とみられていたGST(消費税)を実質撤廃したほか、燃料の店頭価格を一部政府が統制するなど「消費者の負担軽減」を重視した。地元有力紙スタ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:すき焼きとしゃぶしゃぶ…(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

RM=27.2円、$=4.13RM(24日)(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

マレーシア航空、燃油サーチャージを復活(09/25)

配車サービスの規制強化で運転手登録減少(09/25)

ス州の水不足解消、無収水対策などが不可欠(09/25)

トリナソーラー、太陽光発電の導入増に期待(09/25)

若年高所得層、高価格帯スマホにシフト(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン